マンガ鍋島直正『第六話 現代に受け継がれる直正の想い』
6/19

6藩はん士しの子し息そく全ぜんいん員?カリキュラムを設もうけ達たっせい成できなければ親おやの家か禄ろくを減へらしたり本ほんにん人も役やく職しょくに就つけなかったりしたんだ直なおまさ正は「私わたしの家け来らいはとにかく学まなばなければならないのだ」と言いってその直なおまさ正を筆ひっとう頭に佐さが賀の七しちけんじん賢人ていう人ひとたちがいて「副そえじまがいこう島外交」の名なで知しられるほど評ひょうか価が高たかかった外がいこうかん交官だよおう!日にほんはつ本初の政せいとうないかく党内閣の総そうりだいじん理大臣「大おおくま隈重しげのぶ信」日にほん本赤せきじゅうじ十字の生うみの親おや「佐さの野常つねたみ民」日にほん本が初はじめて参さんか加した万ばんぱく博「第二回パリ万ばんぱく博」に佐さがはんだんちょう賀藩団長として参さんか加して「博はくらんかいおとこ覧会男」と言いわれるほど博はくらんかい覧会に精せいつう通していたんだ能のうしょか書家で正せいぎ義の外がいこうかん交官「副そえじま島種たねおみ臣」近きんだい代司し法ほう制せい度どの基き礎そをつくった維い新しん十じゅっ傑けつの一ひとり人初しょだい代司しほうきょう法卿の「江えとう藤新しんぺい平」近きんだい代教きょういく育制せいど度の確かくりつ立に力ちからをつくした初しょだい代文もんぶきょう部卿「大おおき木喬たかとう任」

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です