マンガ鍋島直正 『第五話 幕末最強佐賀藩』
8/30

8これでは幕ばく府ふ側がわにとっては面めんぼく目がつぶされるかたちだ…事じ実じつ 後ご日じつに出でたフランスの新しん聞ぶんでは「江え戸ど幕ばく府ふは諸しょ藩はんの中なかの強きょ大うだいな存そんざい在でしかない」と報ほうどう道され幕ばく府ふの権けん威い失しっ墜ついをねらう薩さつ摩ま藩はんの思おもわく惑通どおりの結けっか果となった幕ばく府ふとしても幕ばく ふ府に頼たよらず自じ力りきで国こくりょく力を高たかめようと挑いどむ薩さつ摩まの姿すがたに危き機き感かんを覚おぼえているだろうしかし逆ぎゃくに…フランスの力ちからを頼たのみにしていた幕ばく府ふにとっては良よい薬くすりになるかもしれないよし!佐さの野さん?!「学まなぶ」ことで対たいとう等な関かんけい係を築きずかなければならないのだから!国こくなん難を乗のり切きるためには西せいおうしょこく欧諸国の力ちからを「借かりる」のではなく

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です