マンガ鍋島直正 『第五話 幕末最強佐賀藩』
25/30

25病やまいのため現げん地ちに赴ふ任にんすることはなかったものの弘こうどうかん道館出しゅ身っしんで蝦えぞ夷地ちの探たんけん検・調ちょうさ査経けいけん験がある島しま義よしたけ勇を開かい拓たく使し判はんがん官に任にんめい命している時じだい代は大おおきく激はげしく動うごいている世せかい界と渡わたり合あっていかなければならないこれからこそより国こくぼう防に力ちからを入いれていくべきなのだそのためには――我われわれ々は島しま 義よしたけ勇まだまだ……殿との…?

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です