マンガ鍋島直正 『第五話 幕末最強佐賀藩』
22/30

22官かんぐん軍が勝かったかはい我わが藩はんの働はたらきはすばらしいものであったと新しんせいふ政府においてもこれから重じゅうよう要な役やくわり割を担になってほしいとのことですまさに一ひとり人が百ひゃくにんりき人力にて敵てきをなぎ倒たおしたと兵へいたちは皆みな最さいしん新の武ぶき器の扱あつかいにも長たけておりアームストロング砲ほうにいたっては砦とりでの外がいへき壁をこっぱみじんに……もうよい

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です