マンガ鍋島直正 『第五話 幕末最強佐賀藩』
10/30

10今こんかい回のパリ万ばんぱく博への派はけん遣を経へて その後ご日にほん本の博はくらんかい覧会・博はくぶつかん物館行ぎょうせい政は常つねたみ民が牽けんいん引していくこととなる一八七三年ねんのウィーン万ばんぱく博では有ありたやき田焼は「名めいよたいしょう誉大賞」を受じゅしょう賞し世せかい界にその名なを轟とどろかせた常つねたみ民がパリに出でむ向いている間かん十五代だい将しょうぐん軍徳とくがわ川慶よしのぶ喜が討とう幕ばく派はの機き先せんを制せいして「大たいせいほうかん政奉還」を行おこない慶よしのぶ喜ペースに危き機き感かんを抱いだいた討とう幕ばく派はは「王おう政せい復ふっ古この大だい号ごう令れい」といういわばクーデターを行おこなった

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です