マンガ鍋島直正『第四話 日本初の実用蒸気船建造』
15/26

15まずは造ぞうせんじょ船所の建けんせつ設ですな従じゅうらい来の日にほん本の船ふねを造つくるのとは訳わけがちがう大だい規き模ぼな専せんよう用施し設せつが必ひつよう要だ並へいこう行して造ぞうせんぎじゅつしゃ船技術者を養ようせい成しなくてはならない軍ぐんかん艦となるとより多た様ような分ぶん野やの技ぎじゅつ術が必ひつよう要になる熟じゅくれん練の乗のりくみいん組員や将しょうらい来の士し官かん候こう補ほの養ようせい成は言いわずもがなだもちろん海かいぐんそうせつ軍創設資し金きんの確かく保ほも重じゅうよう要になってくるだろう…まあ概おおむね予よ想そう通どおりだ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です