マンガ鍋島直正『第四話 日本初の実用蒸気船建造』
12/26

12直なおまさ正の思おもいに共きょうかん感するように佐さ賀が藩はん士したちの西せいようぎじゅつ洋技術に対たいする探たんきゅうしん求心は旺おうせい盛で意い識しきは常つねに高たかかったプチャーチンの長ながさきこう崎港逗とうりゅうじ留時火かじゅつかた術方の本もと島しま藤とう太だ夫ゆう精せいれんかた煉方の中なか村むら奇き輔すけらはロシア側がわの厚こう意いにあずかりロシア軍ぐんかん艦パルラダ号ごうの艦かんない内を熱ねっしん心に見けんがく学していたその際さいに蒸じょうき気車しゃひな形がたの運うんてん転を見けんがく学しており後のちに自みずからの手てで蒸じょうき気車しゃのひな形がたを完かんせい成させている

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です