マンガ鍋島直正 『第3話 近代化政策を支えた佐野常民』
2/27

2しかし!!それでも佐さ賀が藩はんには彼かれらが必ひつよう要なのです!佐さの野栄えいじゅ寿二九歳さいこの青せいねん年こそ後のちの佐さの野常つねたみ民の姿すがたである栄えいじゅ寿は下かきゅうはんし級藩士下しも村むら家けの五ごなん男として生せいを受うけるよしよしお前まえの名なは鱗りんたろう太郎じゃ!そこで「栄えいじゅ寿」と名なを改あらため――代だいだい々藩はんい医であった佐さのけ野家に子こがなかったため後こうけい継として養ようし子にいくことになったそして十一歳さいの頃ころ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です