マンガ鍋島直正 『第3話 近代化政策を支えた佐野常民』
1/27

1第だい三話わ 近きん代だい化か政せいさく策を支ささえた佐さ野の常つね民たみ1850年ねんだい代――日にほん本で最もっとも早はやく鉄てつせいたいほう製大砲鋳ちゅうぞう造に成せいこう功し最さいしん新最さいきょう強の軍ぐんじりょく事力を有ゆうしていた佐さがはん賀藩は絶ぜつだい大な影えいきょうりょく響力を持もつに至いたっていた確たしかに我わが藩はんは比ひけん肩するものはないほどの科かがくりょく学力と優ゆうしゅう秀な人じんざい材を抱かかえておりますそんな中なかひとりの天てんさいじ才児が佐さが賀に舞まい戻もどった―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です