マンガ鍋島直正『第2話 西洋砲術と鉄製大砲』
9/33

9この船ふねは日にほん本に開かいこくかんこく国勧告に来きているのです!視しさつ察はまだしも藩はんしゅ主自みずからが乗のりこむなど…何なにを言いう!!今いまからでも中ちゅうし止…危きけん険は百ひゃくも承しょうち知だ!だからこそ正しょうたい体をよく見みきわめねばならん直ちょくせつ接この目めで確たしかめずにそれができるものか!我われわれ々は学まなばなければならないのだ!危きけん険です!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です