マンガ鍋島直正『第2話 西洋砲術と鉄製大砲』
27/33

27…この計けいかく画は佐さ賀が藩はんだけではなく日にほん本の今こんご後の国こくぼう防に関かかわるものだ成せいこう功させねば日にほん本は滅ほろびる!確たしかに切せっぷく腹するほうが楽らくかもしれんな…そんな重じゅうせき責を背せお負わせること……本ほんとう当に…すまないと思おもっている……

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です