マンガ鍋島直正『第2話 西洋砲術と鉄製大砲』
24/33

24蘭らんがく学に通つうじた技ぎじゅつしゃ術者と日にほんこらい本古来の鍛かじ冶・鍛たんこうぎじゅつしゃ工技術者が協きょうりょく力し合あい日ひび々研けんきゅう究を続つづけていったが…だめだ!!また失しっぱい敗だこれで何なん度ど目めになる…くそっ違ちがっているのはどの部ぶぶん分なんだ!?資しりょう料でわかる限かぎりのことは間まちが違っていないはずですが…やはり手てがかりが蘭らんしょ書一いっさつ冊しかないので…わからない言ことば葉の意いみ味も推すいそく測するしかないのです

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です