マンガ鍋島直正『第2話 西洋砲術と鉄製大砲』
22/33

22この時とき 幕ばくふ府が佐さ が はん賀藩に貸かし付つけたのは実じつに一〇万まん両りょうという大たいきん金だった阿あべ部正まさひろ弘が佐さ賀が藩はんの先せんしんせい進性を充じゅうぶん分理りかい解していたと見みてとれる数すうじ字であるそして一八五〇年ねんこれでようやく準じゅんび備が整ととのったついに反はんしゃろ射炉築ちくぞう造までこぎつけたぞ!今きょう日集あつまってもらった者ものたちは各かくぶんや分野の  実じつりょくしゃ力者だ皆みなで協きょうりょく力して反はんしゃろ射炉を実じつようか用化し鉄てつせい製大たいほう砲の量りょうさん産体たいせい制をつくりあげてほしい

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です