マンガ鍋島直正『第2話 西洋砲術と鉄製大砲』
21/33

21幕ばくふ府が表おもてだ立って大おおきな事じぎょう業を行おこなうことの難むずかしさは重じゅうじゅう々承しょうち知であれば我わが藩はんが単たんどく独で領りょうない内の台だいば場の新しんちく築および警けいび備強きょうか化を行おこうことを認みとめていただきたいついては幕ばくふ府には幾いくばくかご出しゅっし資いただき長ながさき崎の海かいぼう防を佐さが賀にお命めいじくださいますよう――――なるほどな!幕ばくふ府の体たいめん面は保たもちつつ資しきん金も確かくほ保しようてかははっ!食くえぬ男おとこだ!これは断ことわる理りゆう由もなくなったわすぐ手てはい配をせい!はっ幕ばくふ府の体たいめん面は保たもちつつ資しきん金も確かくほ保しようてか

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です