マンガ鍋島直正『第2話 西洋砲術と鉄製大砲』
17/33

17さらに!「伊いおうじま王島神かみのしまノ島の埋うめ立たてによる保ほるい塁新しんちく築」しかし色いろいろ々と問もんだい題があることもわかるな?確たしかにそれらの必ひつようせい要性は理りかい解できる莫ばくだい大な資しきん金のかかる事じぎょう業なうえに成せいこう功すれば佐さ賀が藩はんは絶ぜつだい大な武ぶりょく力を保ほゆう有することになる「大たいかんせいぞう鑑製造許きょか可のもとに海かいぐん軍創そうせつ設」そして「佐さ賀が藩はん所しょかん管による天あまくさじま草島の軍ぐんこう港開かいせつ設」これらについても何なにとぞ卒許きょか可をいただきたく存ぞんじます……

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です